2005.03.29

FCOMICとの別れ

ここ数日、まともなことをしていない。
では何をしているかというと、家にこもってPCの前でチャットしているのだ。

家にこもっているには、表向き、立派な理由があるにはある。
キサラに引き続き、ミツキも溶連菌にかかり(まあキサラからうつったのだろう)、さらに2人同時に腹風邪にかかって、そんなわけで吐くわ下るわ高熱出るわの揃い踏みになっているのだった。
1人ならともかく、2人揃ってとなると身動きとれず、まともに買い物も出られず、家にこもっている結果となる。幸いにも春休み期間中の旦那が、この後に書くような事情があったこともあり、事前に年休をとってくれていたので、なんとかなっている。

さて、家にこもっている本当の理由は、こちらだ。
NIFTY-ServeのTTYサービスのフォーラムが、閉鎖した。
私が16年間、断続的にではあるがお世話になったFCOMICことコミックフォーラムは、Webフォーラムへ移行しないため、これをもってネット上から消滅した。
FCOMICは特にリアルタイム会議(RT)の盛んなフォーラムであった。RTとはフォーラムの機能の1つとして付属しているチャットシステムのことだ。すでにNIFTY-Serve末期、原則として新入会員を入れない方針となって、人が減っていく一方となっていた状態においても、毎日のようにRTをしていた。
3月28日、フォーラムが閉鎖される日と決まり、発表があった。そして、27日夜、最後のお別れRTをしようと広報された。
その「最後のFCOMICのRT」の夜、RTには40人ほどの人が集まった。入れ替わりもあったから、延べ人数ではもう少し増えるだろう。何年ぶりどころか、10年近くぶりに来たという人もいた。そのお別れRTは賑やかに盛り上がり、懐かしい話をし、予定時刻を大幅に超えて、明け方まで続いた。
そしてRTは終焉を告げる。‥‥はずだった。

続きを読む "FCOMICとの別れ"

| | コメント (7)

2005.02.22

ウイルスに関する間抜けな話

ウイルスといえば、つい最近にこんな間抜けな話があったので、つい言わずにいられず、ここで書いてしまおう。

私の実家では、父がパソコンを使う。何年も前から使っているので、通常の操作自体は問題なくできるのだが、さすがにPCの知識や細かいことはよく分かっていないので、最初のPC、OSのセッティングや、なにかトラブルがあった場合の対処は、基本的に私がやっている。ちなみにマシンは私と旦那で組んだ自作機である。このほうがサポートはしやすい。

実家では、インターネットはCATVで接続している。そのプロバイダが、このたび、ウイルス&迷惑メールフィルタサービスを開始するということで、父から、そのサービスを受けるべきかどうか、と相談があった。
うちでセッティングしたマシンなので、ウイルス駆除などのセキュリティソフトはもちろん入っている。そして、父には必ず1年ごとに会員契約を更新しておきなさい、と言ってあり、その通りに更新してくれている。
だが、セキュリティに関しては、プロバイダ側でウイルスをシャットアウトしてもらえばそれはそれで安心だし、二重にガードして悪いことはないので、どうせ安いものなので、契約しておくよう勧めた。

そんな話をしていたところ、「そういえば2004年版から2005年版へのアップデートしてないでしょ」と思い出し(父にそんな芸当はできないから)、ついでにアップデートしておこうと思い、父のパソコン部屋へ行ってマシンを立ち上げた。
‥‥おや?

続きを読む "ウイルスに関する間抜けな話"

| | コメント (5)

2005.01.17

子ども番組における兄弟姉妹関係

子ども番組などを見ていてふと思った。
子ども向けだけに、主要な登場人物で、幼い兄弟姉妹というのがよくある。まあ幼いといっても赤ちゃんから小学生くらいまで年齢幅は広いが、おおまかに子どもという意味で。
その中で、特に2人きょうだいの組み合わせの場合、なんとなく、兄妹という組み合わせをけっこう見かけるような気がする。そして、どの兄妹でも、だいたいお兄ちゃんは妹が大好きで、妹もお兄ちゃん大好きで、とっても仲良しである。
代表例は「しましまとらのしまじろう」のしまじろうとはなちゃん。その他、「ざわざわ森のがんこちゃん」のバンバン(ワニみたいな奴)とルンルン、「ドラえもん」のジャイアンとジャイ子、「クレヨンしんちゃん」のしんのすけとひまわり。いずれでも、兄は妹想いで、いたずら者やいじめっ子であっても、自分の妹には絶対手を出さないし、むしろ妹の保護者を自認して、すこぶる面倒見がよい。そして妹もそんな兄をとても慕っている。
これって、ようするに「妹萌え」の構図だよね。

その他の組み合わせもないわけではない。
上が姉の場合、姉妹の場合と、姉弟の場合がある。前者は「ぐーチョコランタン」のアネムとズズ。モデルがあるからちょっと違うが「ちびまるこちゃん」のまること姉もそうか。この組み合わせだと、仲は悪くはないのだが、言い争いがあったり、時には「もうお姉ちゃん(妹)なんかいやっ」となったり、姉妹間の相克が物語に現れることもしばしばある。兄妹のようなべったり仲良しとはちょっと違う。
姉弟は、だいたい姉は母代わりのごとく面倒見がよく、弟は姉をちいさいお母さんのように慕っている、という構図になるもよう。「ざわざわ森のがんこちゃん」のがんこちゃんとがんぺいなど。あまり数は多くないかも。次に思いついたのが「安寿と厨子王」だった(笑) ちょっと違うような。
まあ、姉と下の子の組み合わせの場合、姉という存在自体が「ちいさいお母さん」的な意味合いになるので、下の性別がどちらでも、面倒見のよい姉というスタンスになりがちな気がする。

続きを読む "子ども番組における兄弟姉妹関係"

| | コメント (2)

2004.11.20

NIFTYSERVEのフォーラムの終焉

こちらのblogこのような記事を見つけたのである。

で、内容のメインは、このページの紹介である。
NIFTY SERVEのフォーラム、2005年3月をめどにWebフォーラムに移行

いつかは来る日とは覚悟していたし、実のところフォーラムの本来の機能はここ数年まったく使っていなかったのだけれど、毎日のように使わせてもらっている「リアルタイム会議」チャットがなくなるのは痛い。
これで、なんとなく昼休みにRTに集ってやくたいもない雑談をしていた古い仲間たちともお別れなのだろう。今RTを使わせてもらっているフォーラムは、おそらくTTYのフォーラムサービスが終了しても、Webフォーラムへの移行はせず、完全にサービスを終わるだろう。住んでいる地域が近かったり、ネットゲームなどを通して交流のある人、blogを含め自分のサイトを運営している人とはそういう部分で繋がりを続けられるだろうが、そうでない人とは、もうオンラインでさえ二度と会うこともなくなるのだろう。

TTYサービス自体がいずれなくなることも察していた。だが、こちらはまだいつ終了というところまでは行ってないようだ。もっとも、メルアドさえ維持されればRT以外のサービスはいつなくなっても別に問題ない状態ではあるのだが。

まだ今のところフォーラムのほうからは何のアナウンスもない。3月といえば、もうあと数ヶ月。卒業の季節だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

Firefox 1.0入れました

Mozilla Firefoxが日本語版も含め正式版1.0となったので、うちもやっと重い腰をあげて0.9から入れ替えてみました。セキュリティの問題があるということは知っていたのですが、なかなか入れ替えられず。
以前はエクステンションで実現していたRSSリーダーが「ライブブックマーク」という形で標準装備になったようす。見かけは従来のエクステンションとほとんど同じのようです。標準機能に吸収されたということなのかな。
その他のエクステンションやオプションは使っていなかったので、1.0になるときにいろいろ使えなくなった、という問題はうちでは起こらず。

一番嬉しいのは、日本語化された(というか日本語版だし)ということですかね。今までは件のRSS Readerの問題で、英語版のまま使ってましたから。日本人はやっぱり日本語が一番なじみます。というか、私がなじんでるだけですが。

動作も軽くなったようです。快適。さあ、そこのキミもFirefox使ってみよう!
でもこれを読んでる「そこのキミ」の大部分は、Firefoxかその他のMozilla系か、IEのエンジンを使ってはいるが違うブラウザ(Sleipnirとか)を使っているような気がする。素直に素のIEを使っているような人はほとんどいないような。そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.22

Amazonの底力

さっきのエントリーを書くため、Amazon.co.jpに入ってみた。
ふと、おすすめ商品のページを開けた。これまでに購入したものを元に「こんなのがおすすめですよ」と紹介してくれる、ありがたいがお節介なページである。
普段なら「お節介め」と思って開けないが、これまでに買った商品リストがあるかな、と思って、開けてしまったのであった。
結果、こんなお節介を受けた。

ミュージックのおすすめ:『ジ・エキセントリック・オペラ』
たぶん、これは、ちょっと前にアンサンブル・プラネタのCDをまとめ買いしたせいであろう。

ゲームのおすすめ:『ファイアーエムブレム 烈火の剣』
既にもってますが何か。
確かに先日、10月発売予定のFE最新作を予約しましたけど。

本のおすすめ:『ジェニー (No.17)』
既にもってま(以下略)
ジェニー本はNo.1からすべて持っていますが。

DVDのおすすめ:『魔女の宅急便』
これは‥‥なぜだろう? ここで宮崎アニメを買った記憶はないんだけれど‥‥。ここで買ったことがあるのは、「おかあさんといっしょ」系や「ピングー」など。
ちなみに、魔女宅は‥‥うちはLDで持ってるからいいです。

ここまではいいのだが、次のこれ。

続きを読む "Amazonの底力"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.04

ネット婚2題、あるいはネカマの希望

うちの夫婦はネット婚である。
今から15年前、まだインターネットのイの字もなく、草の根BBSなど盛んなりし頃、初期のニフティサーブのあるフォーラムで知り合った。その頃、ニフティのフォーラムはリアルタイム会議(略してRT、フォーラム単位でのチャットシステム)を推奨しており、我々のいたフォーラムでは特にRTが盛んで、毎晩10人以上の人間がただ雑談するために集まっていた。オフラインミーティングもよく行われており、今の旦那とは、同郷だったこともあり、オフでもよく会っていたが、その頃はそれぞれ別につきあっている人がいたりもして、お互いに多くのネット仲間のうちの1人という位置づけでしかなかった。
(余談だが、同じ名古屋に住んでいるにもかかわらず、初めてリアルで会ったのは仙台で行われたオフであった。ネットならではである)
その後、就職その他、リアルライフの環境が変わるなどいろいろあって、私はフォーラム活動からしばらく(年単位だが)遠ざかっていたが、10年ほど前にRTに復帰し、まだ健在であった旦那とネット再会し、それからきっかけがあり、おつきあいして結婚に至ったというわけだ。
ネットのおかげで旦那と知り合い、結婚してミツキとキサラを授かることができたわけで、その意味ではネット様々である。

続きを読む "ネット婚2題、あるいはネカマの希望"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.08.27

トラックバックピープル始まる

トラックバック・ピープル

Blogpeopleの新サービス、「トラックバック・ピープル」が始まった。
トラックバックセンターの一種のようなものなのだが、どのあたりがただのトラバセンターと違うかというと、Modern Syntax掲載のnagasawaさんご本人の解説を引用するほうが早いと思うので、そのようにさせていただく。
以下、モダシンの「トラックバック・ピープルの裏話」より。

トラックバック野郎といったトラックバック受付サイトとの違いは、

1.トラックバックする話題を自分で作れる(要申請)
2.オリジナルバナーを利用できる
3.ついたトラックバックをリスト化して自分のサイト内に表示できる
4.RSSでリストを吐き出す

というものです。で、多分1と2、そして4まではトラックバック受付サイトでもできると思うのですが、3はなかなか真似できないところで、BlogPeopleならではのものだと思います。(3を実装するとサーバの負荷とトラフィックがとんでもないことになります(笑))

一般のサイトでトラックバックセンターを作っていると、記事の更新はたいていRSSになっているのでRSSリーダーでわかるのだが、トラックバックがあってもRSSには反映されていない場合が多い。普段、各サイトの更新状況をRSSリーダーで見ている自分にとっては、トラックバック一覧がRSSで見られるのはありがたい。

で、始まったばかりとはいえ、もうすでにかなりの話題カテゴリが作られているので、何かめぼしいところは、と思い、覗いてみた。8月27日午前10時現在。

続きを読む "トラックバックピープル始まる"

| | コメント (0)

2004.08.11

ラグナロクオンライン始めました

最近、更新がやや滞りがちになっています。なかなか長文を書く時間がとれません。
理由の1つはお盆や娘たちの病院通いで外出が多かったことがあるのですが、もう1つ理由がありまして。
「ラグナロクオンライン」を始めてしまいました。いまさらなんですが。
ご存じない方のために解説すると、PCでやれるオンラインMMORPG、ネットゲームです。
特別に今始めたいという理由があったわけではないのですが、FF11を引退して以来、それでもネットゲームをやりたい気持ちはあって、いくつか検討していたんですが、これならソロでも十分遊べるし、人もそれなりに多くて安定したサービスを行っているので、やってみるにはいいかなと思ったのと、知り合いでやっている人が何人かいて、入りやすかったのとがありまして。
で、ネットゲームをやり始めると、やはり最初はそちらに時間を割くので、自然こちらの文章を書く時間が減ります。いずれ落ち着くとは思いますが。

というわけで、Freyaサーバにこっそり生息しております。よろしかったらお声をかけてください‥‥って、キャラクタ名を出さなければかけられないって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.08

動く栗コーダーカルテット

毎週、日曜の朝は子どもあり家庭のご多分に漏れずテレビタイムで、我が家も「ふたりはプリキュア」なんぞ見ていたりするわけだが、そのままなんとなくテレビをつけたままにしていると、引き続き9時から「題名のない音楽会21」が始まる。
たいてい何かとバタバタしているので、特に真剣に見るわけでもなく、だがつけっぱなしになっていることが多い。そして、なんとなく、聴いている(音楽番組ならではだ)。

で、今日もそんな感じで、プリキュア新クールか、継続になってよかったな東映、ナージャは厳しかったようだしなー、などと思いながらテレビをつけっぱなしにしていると、なんと今日の「題名のない音楽会21」に、栗コーダーカルテットが出演していたのだった。生きて動いて演奏してる栗コーダーカルテットを初めて見た。この人たちなのかー。ピタゴラスイッチのテーマも演奏していた。生ピタゴラテーマ聴きたかったよ。人見講堂行きたかったよ。行けないけど。

で、出演者のCDプレゼントもあった。栗コーダーカルテットのCDもある。プレゼントの詳細はこちら。放送を見ていなくてもプレゼントには応募できます、というわけで。

プリキュアも役に立つ、という話であった(そうなのか?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧