« 今年度の「えいごであそぼ」と「わたしのきもち」 | トップページ | ねるねるねるね »

2005.05.25

1、2、3〜 ○の○の5♪

わらべうたには地方色があったり、同じ地方でも地域によって歌詞が違ったり、というのはよくあることである。
当然のことながら、わらべうたは子どもの遊び歌なので、あまりに離れた地域に伝搬していくことは少ない。その地域に住んでいる子どもから子どもへ、また親、あるいは地域の大人から子どもへと引き継がれていく性質のものだ。

さて、NHK教育で放送されている人気番組「日本語であそぼ」の中に、わらべうたを紹介するコーナーがある。「あーした天気になーれ」と草履を蹴り上げるメジャーな歌もあれば、私も初めて聞いた歌もある。
その中で、ある時、こういう歌が紹介されていた。

「いち、に、さーん、にのしのご さん、いち、にのしの、にのしのご」
数字で書けば「1、2、3、2の4の5 3、1、2の4の、2の4の5」

けんけんぱっをしながら歌う数え歌である。我々の世代、だいたい子どものころに何度かは耳にしたことがあるだろう。
しかし、だ。

私の覚えているのは、こうなのだよ。

「いち、に、さーん、しのにのご さんいちしのにしのにのご」
数字で書けば「1、2、3、4の2の5 3、1、4の2の、4の2の5」

これもおそらく地域性なのだろう。私だけでなく、私の母も、そして旦那も、4の2の5で覚えている。絶対4の2の5である。なんと言われても4の2の5である。

ところが、だ。

「日本語であそぼ」は娘たちも好きでほぼ毎日見ている。それで、ミツキは「2の4の5」バージョンで覚えてしまったのだ。リズムがよく、数字の羅列なので、すっと歌詞を覚えやすかったらしい。いつの間にか、自分で口ずさむようになっていた。
これは困った。いや、本気で困るほどのことではもちろんないが、「4の2の5」で刷り込まれている私と旦那は、この変な順番で歌われると、実にむずがゆい。なにか腰の座りが悪い。
だが、「それは本当は『4の2の5』だよ」と教えてやると、ミツキは怒って「2の4の5だよっ」と主張する。特に彼女は、歌詞の間違いや変更に対して厳しい。面白がって替え歌など歌おうものなら「ママ、そこは違うよ、○○△△〜♪だよ」とご丁寧に修正してくれる。
けれど、ここはママも譲れない。あんたは名古屋の子だぞ(「4の2の5」が名古屋バージョンかどうかは知らないけれど)。「2の4の5」なんて歌ってると、「お前よそもんだろう」なんて言われてはばちょにされるぞ(さすがに嘘)。

今日の夜、寝かしつけの時、ミツキは私の横で寝たがった。彼女はママっ子なので、寝る時は隣はママでないとどうしても嫌なのである。それを承知で、旦那は「今日はパパと寝ようよ〜」と娘を捕まえて寝かせようとする。ミツキは嫌がって逃げ出す。その繰り返しの毎日である。で、今日も同様だったのだ。
さて、その時。旦那が言った。
「んじゃあみっちゃん、『1、2、3〜4の2の5』って歌ったらママのところ行ってもいいよ」
意外にもミツキは抵抗した。3回ほど、頑として「2の4の5」と歌った。しかし、そのたびにパパに「4の2の5っ」と言われるので、とうとう諦めたのか、「4の2の5〜」と歌った。
その時のミツキの声ときたら、それまで大きな声で確固たる自身に満ちた歌声だったのに、急にしおたれて小さな声で元気なくなっている。その表情は、なにか巨大な権力に屈服したかのように、悔しそうだった。

ミツキよ、そんなに「2の4の5」じゃなきゃ嫌なんかいっ!
そして旦那(と自分)、そんなに「4の2の5」じゃなきゃ嫌なんかいっ!

というより、「2の4の5」なんて、この歳になるまで、一度も聞いたことがない。本当に「2の4の5」と歌ってる人が存在するのか? なにかの間違いじゃないか? こんな歌詞なのは東京都渋谷区付近だけなんじゃないのか?(邪推)
これを読んだ方、あなたの記憶では「2の4の5」「4の2の5」どちらでしょうか。よろしかったら教えてください。気になって仕方ありません。

|

« 今年度の「えいごであそぼ」と「わたしのきもち」 | トップページ | ねるねるねるね »

コメント

にのしのご に一票

このへん
http://home.interlink.or.jp/~inaken/gakufu.html" rel="nofollow">http://home.interlink.or.jp/~inaken/gakufu.html
とかでも「にのし」。

パターン1:1232453124245
パターン2:1234253124245
パターン3:1234253142425

と,あるっぽい。

投稿: 竜明 | 2005.05.25 10:50

当然「しのにのご」です。「はば」にしないでちょ。(「はばちょ」か「はば」か、世代で違うのかなぁ?)

投稿: | 2005.05.25 11:16

>竜明さん
どうもありがとうございます。なんとなく東京方面で「にのし」かと思っていたら、必ずしもそうではないんですね。
そのパターンでは2が面白そう。一番歌いにくそうな気がします。なんとなく。

>鯱さん
これは予測された答えでしたね。名古屋近辺では「しのに」のようです。
「はば」も「はばちょ」も使いますよ。「はば」から派生した言葉でないのかな>はばちょ

投稿: あずみ | 2005.05.25 13:08

 当然、「にのしのご」です(笑)。
 地元福岡では2の4の5ですね。逆に、「4の2の5」は一度も聞いた事がありませんでした。名古屋だけじゃないの?(ウソですそこまでは思ってません)
 これも日本アホバカ分布図みたいな話なんでしょうかねぇ。
 それはそうと、巨大な権力で子供に事実(?)を覆させるなんて…ひどい旦那さんですなぁ!(笑)

投稿: 竜馬 | 2005.05.26 08:24

>竜馬さん
お、にのしのご派いらっしゃいませ〜。
真面目な話、なんとなく内心では「しのにのご」は名古屋近辺だけかも、と思っていたのですが、RTで兵庫県出身の方が「しのにのご」だったと断言してまして、おや、案外関西方面に広がっているのか?と思ったんですが。福岡では「にのしのご」ですかー。

ちなみに東北方面の方、東京出身の方は、この歌自体を知らなかったので、東日本方面での証言は得られませんでした。残念。

投稿: あずみ | 2005.05.26 10:15

娘は「しのにのご」で歌いますが、私は「にのしのご」で歌います。
娘から違うと言われても、数字が増えてくアルゴリズムも覚えてもらわないと困るので。(。_・☆\ ベキバキ

投稿: やこ | 2005.05.26 15:20

>やこさん
おや? 親が「にのしのご」なのに、娘さんは誰から習って「しのにのご」になったのでしょうか。そちらのが興味深かったり。
ちなみに、1、2、3、の次が2になる時点で数字が減ってる気がするのは私だけでしょうか。

投稿: あずみ | 2005.05.27 09:50

ミツキは無理やり歌わされた後こう言った。

「それでも、地球は回っている」

投稿: 井村 瑶茉 | 2005.05.27 20:51

盛り上がってるので思わず・・・(*^_^*)

私も「しのにのご」に一票です。
ただうちは・・・
「123ーの425 314の2の4の2の4の2の4の2の5!(書くとながっ)」
です。

しのにの・・・が2回でおわるのはなんかきもちわるーいのでした。半島ルールかしらん???(知多半島出身なので)

投稿: さきはやとママ | 2005.05.28 00:50

>さきはやとママさん
やはりこのあたりの地域は「しのにのご」かなー、と思ったら、なんか長い!
長いのは初耳でした。半島ルールだとしても、私も一応半島出身なんだが‥‥いろいろあるもんですね。

投稿: あずみ | 2005.05.29 12:16

いっちにっさぁーんの、しのにのご、さんっいっちしっのにのしっのにのごっ。

としか歌ったことが無いな。ということで、名古屋圏のTVが影響していると思われます。
ちなみに、「しのにの」を繰り返すパターンもやってました。何回繰り返すのかは息が続く限りでOKだったような。
岡崎市で保育園から高校までを過ごしたものの記憶でした。

投稿: あびり亭 | 2005.06.01 15:38

>あびり亭さん
うむ、TVなんですかね? 私自身は親から習ったような気がします。
名古屋圏のローカルTVでわらべうたを歌うのってなんかあったかなあ。どんぐり音楽会とか? 違うよう気がするが。

投稿: あずみ | 2005.06.03 13:02

北九州市門司区で1954年に生まれました。小学生のころにこの童歌を体得したと思います。で、どちらのパターンかというと2の4の5、です。ざんねんでしょうが…m(__)m

投稿: まっつん | 2006.03.25 18:12

まっつんさん、コメントありがとうございます。
門司といいますと、以前に「にのしのご」でコメントされている竜馬さんの福岡と近いですね。九州方面は「にのしのご」なのかしら。
どうも情報ありがとうございました。

投稿: あずみ | 2006.03.25 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1、2、3〜 ○の○の5♪:

» いちにっさ〜んにのしのご! [街道をウロつく]
 あずみさんのブログに、わらべ歌の話題が出ていた。 1、2、3〜○の○の5!この [続きを読む]

受信: 2005.05.30 21:24

« 今年度の「えいごであそぼ」と「わたしのきもち」 | トップページ | ねるねるねるね »