« 「サツキとメイの家」予約方法変更 | トップページ | 病気のデパート »

2005.04.27

NHK教育で行こう!〜その8「だいすき!マウス」

この春のNHK教育子ども向け番組のイチオシ、今我が家で両親も子どもたちも揃って夢中になっている番組、それが「だいすき!マウス」である。
詳しくは上記の公式サイトへのリンクを見ていただければわかるが、放送は月〜金の午前7時45〜50分、再放送が午後5時20〜25分の5分間。「あつまれ!わんパーク」枠内で放送されている。

上記リンクを見ていただくと、一応アニメに分類されているが、実際の5分間の放送の中で、アニメをやっているのは、冒頭としっぽのほんのわずか。大部分は、「子どもむけ情報番組」である。
なんと説明したらよく伝わるか分からないが、あえて説明するなら、子どもの「なぜ? なに? どうして?」に対して、ありとあらゆる分野で「それはこうだよ」とひとつの解答を呈示してくれるような番組だ。
というと、子ども電話相談室みたいなの?と思われるだろうが、それも違う。むしろ、子どもの好奇心をいろいろな角度から刺激してる、という、そんなつくりなのである。

例えば、ある回のテーマは「ひまわり」。ひまわりの花はお日様に従って動くというけど、本当なの?から始まり、どうするかというと、実際にひまわりを24時間撮影して、動くかどうか確かめてみる。で、どうするかというと、ただそれだけ。
また別の回は「ラクダが風呂の水一杯の水を飲む」という話。砂漠のラクダは一度にたくさんの水を飲むって本当?というところから始まっているのだろうが、そういう勉強くさい話は抜きにして、砂漠のおじさんが、町でバスタブを買ってきて、蛇口(砂漠にも水道はあるのだ、ある所には)から水をはり、ラクダを連れてきて飲ませる。本当に飲んでしまう。それだけの話。

一方では、そういった理科系の話だけではなく、社会系の話もある。
ある回は「プレッツェル」。プレッツェルが工場でつくられて、冷凍されて運ばれ、店で焼かれて店頭に並ぶまで。またある回は「ポテトチップス」。ジャガイモが収穫され、工場で洗われ、皮がむかれ、スライスされて揚げられて味をつけて梱包される。その一連を流れを5分弱の間に凝縮して紹介する。

ある時は、あんまりそういう勉強っぽいこととはまるっきり関係ない話だったりもする。
面白かったのは、公園のシーソーの話。シーソーで一人で遊ぼうとすると、うまくできないでしょ?という話から、自分でわざと乗る側と反対側に砂で重しを載せる話をして、今はこんなシーソーもあるんだよ!と、乗る場所に砂のせ用の皿がついたシーソー(現存するらしい)を紹介しているのだ。だからなに?という話なのだが、なぜか面白い。あの皿つきシーソー秀逸なんですが。日本でも採用しようよ。

こうして文字で書くと、どこが面白いのか全然伝わらないだろう。
だが、実際に見てみると、その面白さがよくわかる。ひとつには、5分間弱という短さで、実にテンポよく、端折るところは端折り、「砂漠で水をどうやって用意するの? もちろん水道からだよ」と、どうでもいいところはばっさりと切り捨てるあたりが見ていて気持ちいい。元はドイツの番組なのだが、日本語のナレーションが口語体で「〜だよ」で語尾を統一しているのも、この番組では小気味よくて、成功している。
また、テーマがいい。大人でも「え?」と一瞬、興味をそそられるようなテーマが、毎日なんの脈絡もなく出てくる。この雑学っぽさがいい。5分という短さもよく、朝のあわただしい時間帯なのに、この5分はふっとTVに見入ってしまう。

こんな面白い番組、どこから拾ってきたんだろう? ドイツの番組っぽいけど、さすがNHKだなぁ、と思っていたら、どうやらこういう絡みがあるようなのであった。

ドイツ年公式マスコットの「マウス」が4月よりNHK教育テレビに登場

ドイツ大使館の公式ページからである。今年(2005年)と来年は、「日本におけるドイツ年」なんだそうだ。で、その公式マスコットがこのマウスくんなのだそうだ。
ドイツではこのマウスが登場する番組「マウスといっしょ」は1972年に放送が開始され、今も放送が続いている、いわば親世代から子ども世代まで、現地ではずっと愛されているキャラクタなのだという。とすれば、まあ日本では、ガチャピンあたりが近いのだろうか。マウスはもっと格が上のような気がするが。でもガチャピンは宇宙行ったし。
いま日本で放送されている「だいすき!マウス」は、この番組のベストを抜粋したもののようで、道理で、肝心のマウスがあまり登場しないわけだ。マウスや一緒にでてくるゾウもなかなかとぼけた系でいいので、彼らの活躍も見られれば見てみたいものだ。

今ドイツで子育て奮闘中の友人Aちゃんは、この番組を本国で見ているだろうか。

|

« 「サツキとメイの家」予約方法変更 | トップページ | 病気のデパート »

コメント

過剰な演出一切なしで淡々とやってるのがいいのか、2歳の娘もあれが始まるとじーっと静かに見ています。他の子供番組だとワーキャー騒ぎながら見るのに。不思議です。

投稿: hatoko | 2005.04.27 21:26

>hatokoさん
そうそう、うちの1歳児もじーっと静かに見ているんですよ。なにか子ども心をつかむものがあるんでしょうねぇ。大人心もつかんでますが(笑)

投稿: あずみ | 2005.04.28 13:56

こんにちは。わたしも大好き、だいすきマウス(^^)もうネタ切れなのか、「来週からポペティに変わる@関東圏」ってアナウンスされていましたね。ちょっと残念。

投稿: やこ | 2005.05.12 17:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 「サツキとメイの家」予約方法変更 | トップページ | 病気のデパート »