« ミツキ、眼鏡っ娘になる | トップページ | 今お気に入り »

2004.04.26

中古バイク回収車

中古バイク回収車って、不思議だ。

いろいろ住宅地に回ってくる商売の車はあるが、石焼き芋やわらび餅などの食べ物系や灯油売りはまあわかる。最近は採算がとれなくなったそうで、すっかりお見限りとなったが、ちり紙交換こと古紙回収業は、これもわかる。新聞は毎日来てたまる一方だが、いざ捨てようと思うと重いしかさばるし、かといって家に置いておいても無駄にスペースを占拠するし、どこの家でもなんとかしてほしいよ、と思ってるものだから、たまに来てくれると「あ、ちり紙交換さーん、うち寄ってー」となるわけだ。
ちょっと微妙なのは「さおやーさおだけー」の物干し竿売り。通常は欲しい時に自分で買いに行くだろうし、そうそう頻繁に買い換えるものでもないだろう。だが、以前新聞のコラムで見た話では、みなみらんぼうが突然家の前に庭石業者に乗りつけられ、庭石を置かれてそのまま買ってしまったという話があったから、場合によっては、「そんなん売れるわけないだろ」というものでも売れるのかもしれない。

だが、中古バイク回収業って、どうなのか。
そもそも回収するための中古バイクが各家庭に存在しなければ成り立たないのだが、そうたくさんあるような気はしない。使わないバイクのような邪魔くさいものは、使わないとなれば売るか捨てるかしているんじゃないだろうか。家に残してあるのは、いつかまた乗るかも、と思うから、残してあるんだろうに。
それでもたまたま「このバイクもう乗らないだろうからなんとかしなくちゃ」というバイクがタイミング良く家にあるケースもあるだろうが、そのような家の近くをたまたま中古バイク回収車が通る僥倖が1日に何回あるだろう。それとも、1ヶ月に1回くらい回収に成功すれば十分商売が成り立つくらい、あれは儲かるものなのだろうか。
回収する側も「買い取ります」と言っているので、タダで持っていくわけでもないようだし。

今日も回っていたけど、果たして商売できたのだろうか。

|

« ミツキ、眼鏡っ娘になる | トップページ | 今お気に入り »

コメント

ああ、アレね。
処分料取るんですよ。
確かに車両代として僅かの金額はマイナスしますが。
そんな仕組み。
その先どうなるか?
さてねぇ。東南アジアで再生バイクになるのか、はたまた不法投棄か。
ナンバー付きで自賠責が残っている場合、ちゃんとした手続きすれば戻り金があるんだけど、それは知らんぷり。
その上、廃車手続料を上乗せされることが多いそうで。
知らないと損する典型的例、ってことですな。

投稿: T・伊藤 | 2004.04.26 19:27

T・伊藤さん、コメントありがとうございます。
ああ、やっぱりそうなんですね。処分料や廃車代金がかからないなら消費者側にも若干便利だけど、これだと何のメリットもなさそう。バイクを運ぶ手間がかからないだけかな。
だが、そのからくりを知っても、単位時間あたりの収入を考えると、商売してる側がそう儲かるとも思えないですね。やっぱり焼き芋のがいいような。

投稿: あずみ | 2004.04.27 10:09

バイク回収業者というと、内情を知りもしないでまるで詐欺師か何かのように処分料や廃車料を平気で要求するように言われたり、時によってはバイクを盗んで行っているような言われ方をしますね。

どの業界でもそうでしょうが、真っ当な人もいれば不正をする人もいて、バイク回収業界でも皆さんが評価するようなたちの悪い人もいると思いますし、そうでない方もいます。(ただし評価する側の方が、知りもしないのに知ったかぶりする無責任なケースの方が圧倒的に多いのも特にブログでは往々にして見かけます。) 
私の例から言えば、50㏄ミニバイクで、買取り価格が1000円から3000円、程度が良い比較的に新しいもので15000円程度、ビッグバイクですと10万円を超える事もままあります。

廃車は何台もまとめてする事が出来ますので過去、廃車してあげても廃車料金をいただいた事はありません。バイク屋さんですと6000円くらいは頂いているようですが。

このようなやり方で、1日平均2.4台は回収します。
週に20台を超える事もあり、狭い住宅事情の中でバイク1台分スペースが空くことは、特に主婦の方からは随分感謝されるのですよ。
また、地方自治体も廃棄物処理状況の悪化で段々バイクの回収をしなくなっており、昨今バイクのリサイクルシステムがバイク業界で自主規制されたため、バイク処分が有料化の方向に進みつつあり、これらをご存知の方はわずかな金額でも買取ってもらえることに対して、やはり喜んでいただく事が多くなっております。
これらのバイクは7〜8割が海外に輸出されています。

逆に困るのは、数年も雨風にあてて、サビサビになったバイクの残骸を「1万円で買え」とか、輸出にも出せないような事故車や発展途上国でも相手にされない古いものを「ただでいいから持っていけ」とか、まるでゴミ屋扱いで恩着せがましく言われる事も多々あることですね。
また、乗って15年以上も経つような古い原付に執着があるのは判らないでもないのですが、「高価で買取れ」といわれることもたまにあります。

物品を購入した段階で、使わなくなった場合の処理も考える必要がある現在の時勢の中で、バイクの回収業者といえども、それはそれで必要な職業だと私は考えています。

ただし、大手の買取り業者でも電話査定では「13万円が貴方のバイクの相場です」と言っておきながら、出張査定では「これこれがマイナス査定になりますので買取額は1万円です」になったり「成約したら出張料は無料ですが、今回は不成約ですので出張査定料を頂きます」などと平気でおっしゃる業者もあります。どの業界も同じですが、人によりピンからキリまでありますのでご留意のほどを--------                                

投稿: 買取りおじさん | 2006.03.13 00:47

買い取りおじさん様、業者の方からのコメント、どうもありがとうございます。
1日平均2.4台も需要があるとは思いませんでした。意外と需要はあるものなんですね。それならば商売として十分に成り立ちそうです。
バイクの処理自体が面倒なのは経験もあるので存じております。ただ、うちは必要なしとなったら、スペースをとって邪魔になるばかりなので、さっさとバイク屋に引き取ってもらいました。ですので、そうでなくて、呑気に家に置きっぱなしの人がそんなにいるのかなぁ‥‥というのが疑問でした。結論としては、そういう人はけっこういるということなんですね。腑に落ちました。
7〜8割が海外輸出にまわる、というのもなるほど、と思いました。それならばかなり収益があがりそうですね。

私自身は、バイク回収業という仕事に対しては特に悪い印象はもっていません(ただ自分は利用する機会がないですが)。ただ、ちゃんと儲けが出るものかどうかが疑問だったのですが、実際の業者さんからお話を伺うことが出来て、すっきりしました。
どうもお教えいただき、ありがとうございました。

たまたま今日また回収のトラックが近所を回っていましたが、バイクだけでなく、いろいろな家電品も引き取るようになっていました。家電品もリサイクルが一般的になって、ルートができてきたということなんでしょうね。
ちょうど買い取りおじさん様のコメントを読んだところでしたので、仕事されている方に思いを馳せてしまいました。

投稿: あずみ | 2006.03.13 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古バイク回収車:

« ミツキ、眼鏡っ娘になる | トップページ | 今お気に入り »