« 本日の健診(32週) | トップページ | NHK教育で行こう!〜その2「ピタゴラスイッチ」 »

2003.11.07

NHK教育で行こう!〜その1「いってみようやってみよう」

子供が1歳半頃になってから、NHK教育テレビを見る機会が格段に増えた。
増えたというより、それまでほとんど見なかったものを、毎日一定時間見るようになった、というべきだろう。そういう人は少なくないと思う。理由はもちろん、朝と夕方(朝の再放送)のお子さま向け強力番組ラインナップである。
言わずもがなの定番「おかあさんといっしょ」、その下の1〜2歳向け「いないいないばぁっ!」ははずせない。朝寝、昼寝に引っかからなければ、「日本語であそぼ」や「英語であそぼ」も見る。

だが、小さい幼児でも、意外に小学生向き教育番組も興味をもって見るもんだとは、実際見せてみるまでは盲点だった。まあ、見せるというよりは、「おかあさんといっしょ」に続いて、他に見る番組もないので、そのまま教育TVをつけっ放しにしてあっただけのことなのだが。
もちろん、本来の内容を理解しているわけはない。だが、番組の一部や、オープニングテーマなどをすごく喜ぶこともあるし、人形劇系(小学校低学年向き道徳番組や、国語教材のお話の類)はけっこうキャラの名前を覚えていたりして、かなり集中して見ている。
最近の娘のお気に入りは、知る人ぞ知る「ピタゴラスイッチ」、それから「バケルノ小学校ヒュードロ組」「いってみようやってみよう」「こどもにんぎょう劇場」あたり。
「ピタゴラスイッチ」についてはある意味有名なので、また近々別のエントリーで話したいと思っているが。

この中でも意外ながら「ああ、なるほど」と思ったのが、「いってみようやってみよう」。これは、障害児・特殊学級向けの生活番組で、番組のお姉さん「ゆかちゃん」とサルの人形「ポッケ」が、毎回養護学校や特殊学級の子供たちのところへ行き、一緒に日常生活の中でのいろいろな事柄を毎回1テーマ決めて文字通り「やってみる」番組である。
これが見ていると、なるほど、娘にとっては、なかなか面白いだろうと思う。例えばある回は「電車に乗って動物園に行こう」というテーマ。ある回は「プールで泳ごう」というテーマ。また別の回では「自転車に乗ろう」というテーマ。それに従って、ちょっと自分より大きいお兄ちゃんやお姉ちゃん(娘にとっては障害の有無など関係ないというより認識してない)が、最初はうまくできなくても(もちろんうまくできる子もいる)、頑張って、そしてできるようになる。娘にとって、今ちょうどやってみたいことを、テレビの中で子供たちが実際にやって、実現していくわけだ。身近なテーマだし、内容もフィクションのお話などに比べると理解しやすいし、興味ももつわけなのである。
なんでも「自分でやってみたい」世代の子供にとっては、これはなかなかおすすめ番組である。

この他、番組の一部や短時間の間だけに興味を示すのが、「はじめてのこくご ことばあ!」「つくってあそぼ」「うたっておどろんぱ!」「ドレミノテレビ」あたり。このへんが、もう少し成長してくると次に興味を示すあたりになるのだろうか。

大人が見ても非常に面白い番組もかなりあるので、それはまた近々項をかえてご紹介したいと思っております。教育テレビはハマりだすと切りがないです、ほんとに。

【追記】(2004.4.9.)
このエントリーで紹介している「いってみようやってみよう」は2003年度で放送を終了し、2004年度は放送されていません。これに伴い、本文中リンク先の公式ページは消失しています。ご了承ください。

|

« 本日の健診(32週) | トップページ | NHK教育で行こう!〜その2「ピタゴラスイッチ」 »

コメント

 私も教育テレビは好きです。平日の午前中に家にいるときなんかは、ずっと教育テレビです。
下の子が小6ですが、何か?

投稿: panhead | 2003.11.07 11:46

さて、何から語ろうか・・・ってのは冗談にしても、ETVについてはちょっとウルサイ私です。
コメントのし甲斐がある話題で大変に嬉しいですな。
昼間保育園の娘に見せるとなると録画しか方法がないので他の番組もいいらしい、と判っていても
時間的制約から「おかいつ」「いないばぁ!」に制限されてしまいます。
土曜日に唯一「うたっておどろんぱ!」がタイミングが合えば見せますが、そのときの気分なのか、無関心の時もありよく判らないのが本音。
 子供番組らしくないと酷評されたこともあった「ウゴウゴルーガ」のエッセンスがこの頃のETVに感じるのだが。
なんでもQ(むしまるQ)のCGにそれを見ることができると思う。映像作家が同じ?調べようがあるかな?

子供向けの仮面を被った大人番組「ハッチポッチステーション」、これもいずれ・・・

ああ、取り留めがつかない文章だこと。反省。

投稿: T・伊藤 | 2003.11.07 20:19

>panheadさん
コメントありがとうございます。
教育テレビ、大人が見てても面白いですよね。もういわゆる主婦番組(NHK総合も含めて)には戻れません‥‥。うちも、子供が幼稚園や学校に行くようになっても教育テレビ見てそうな予感。

>T・伊藤さん
むしまるQ、実は旦那がお気に入りですよ。「うらら」の声とテンションが好きらしいです。昨年度は土曜の朝にも放送していたので見られたけど、今年度は金曜だけになってしまったので、がっかりしております。
ウゴルーとの関係は、どこかの掲示板で見たような見なかったような。「関係あるんじゃないの?」程度の話だったような気もしますし。今の映像作家の名前は番組テロップで確認できるので、検索してみてはどうでしょ?

投稿: あずみ | 2003.11.08 11:43

ピタゴラスイッチ 第25話「みかたをかえてみる」が日本賞という優秀TV番組の賞を受賞したみたいですね。
で、本日(9日)夜21時に教育TVでこの1話を放送するようです。
TV欄で番組時間再確認の上、一見されたし。

投稿: T・伊藤 | 2003.11.09 08:24

やられた‥‥。今夜の放送を知ってネタにしようと思ったのに(笑)
というわけで、別のエントリーたてました。どうぞよしなに。

投稿: あずみ | 2003.11.09 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12033/12189856

この記事へのトラックバック一覧です: NHK教育で行こう!〜その1「いってみようやってみよう」:

« 本日の健診(32週) | トップページ | NHK教育で行こう!〜その2「ピタゴラスイッチ」 »